過去問などのおすすめnoteはこちら click

【支給額】年収500万円でも認定!?就学援助は恥ずかしい?【デメリット】

タッド先生

「就学援助」という制度をご存じですか?

心配ママ

しゅ、就学援助!?

タッド先生

小中学校のような義務教育に就学する時、学用品費や医療費が援助される制度です。

心配ママ

うちは援助対象になるのかしら?

タッド先生

ひとり親家庭だけでなく、年収500万円の家庭でも対象になる可能性があります。

心配ママ

でもママ友に知られたくないわ。

タッド先生

大丈夫です!ママ友やクラスの友人に知られることはありません。

就学援助ってどんな制度なの?

援助の認定基準は?

もし認定されれば、具体的にどんなことが援助されるの?

ママ友などに知られるなどのデメリットはある?

就学援助の申込み時期は、5月中旬~6月にかけてです。

就学援助を受けることは決して恥ずかしいことではありません

義務教育とはいえ、教育費など養育にかかる費用は安くないです。

就学援助の内容や認定基準を参考に、利用できる場合はぜひご活用ください。

目次

就学援助とは

小中学校のような義務教育に就学する時、学用品や医療費などが援助される制度です。

認定されても、毎年度、申込みが必要になります

申込み時期は、5月中旬~6月が多いです。

場所は、通学する学校や市役所、電子申請できる自治体もあります。

タッド先生

「自治体名 + 就学援助」で検索してみてください。

認定基準は?年収500万でも対象!?

豊中市を例に説明します。

各自治体によって、認定基準や援助の内容、申請方法など詳細は異なります

基準額は、○所得 ×収入 です!

給与明細の「支払金額」ではなく、「給与所得控除後の金額」になります。

さらに家族の人数によっても基準は異なるので、年収500万円の家庭であっても対象になる可能性があるのです

タッド先生

微妙な場合は、とりあえず申請してみることをおすすめします。

援助されるもの、支給額

学用品費、新入学学用品費

就学に必要な物品を購入するための費用が支給されます。

別途、新入学児童生徒には新入学学用品費が支給されます

学校給食費

認定された場合、給食費に充てられるので支給はありません。

林間・臨海学舎費、修学旅行費

参加者のみに上限額が支給されます。

医療費

通常、医療機関の窓口負担は3割で、子供医療証がある場合、1日最大で500円で受診できます。

認定された場合は、「医療券」が発行され、無料で医療機関を受診できます。

※豊中市の場合、医療券は発行されず、特定の疾病になった時のみ無料になります。

子供医療証との併用はできません

また小中学校に在籍の児童生徒のみ使用できます。

※自治体によって対応が異なります。

デメリットはあるの!?

認定されたとしても、ママ友やクラスの友人に知られたくないですよね。

就学援助を受けていることを知っているのは、役所の担当係学校では事務室の職員担任の先生です。

もちろん守秘義務があるので、部外に漏れることはありません

申請方法は、保護者が学校の事務室に直接持参したり、学校への郵送、市役所での申請、電子申請など、さまざまな方法で申請可能です。

デメリットはありません。

援助を受けることは恥ずかしいことではなく、むしろ子育てに必要な制度は積極的に活用しましょう。

まとめ

この時期に記事を書いたのは、就学援助の申込みが5月中旬~6月にかけてが多いからです。

就学援助は、就学に必要な物品を購入するための費用が支給される制度です。

その他にも、給食費や医療費が支給されます。

一人の子どもを育てるために必要な費用はとても大きいので、活用していただきたい制度です。

所得制限がありますが、基準額は所得であり、収入ではありません。

家族の人数によっても基準額が異なりますので、年収500万円の家庭でも対象になる可能性がありあます。

対象かどうかが分からない場合は、とりあえず申請してみることをおすすめします

就学援助を受けていることを知る人はごく一部で、クラスの友人などに知られることは絶対にありません

電子申請など、申請方法も多様化していますので、それぞれの自治体での申請方法を調べてみてください。

繰り返しになりますが、就学援助を受けることは、決して恥ずかしいことではありません。

うまく制度を活用して、心に余裕を持って子どもと向き合いたいですね。

著:工藤勇一, 著:苫野一徳
¥1,782 (2024/06/18 20:19時点 | Amazon調べ)
\\ Fashionタイムセール祭り! //
Amazon
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

名前:タッド先生

関西在住のアラフォー男。

同志社大学卒業。

元公立中学校教師。

既婚、1児の父。

うつ病で退職を余儀なくされ、より良い生き方を模索しています。

約9年間の公立中学校勤務の経験から、子育ての悩み、成績の上げ方の工夫など教育全般について発信しています。

ご意見やご要望などあれば、コメントかメールでお気軽にお知らせください。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次